今週の1冊

ヤンキー村の農業革命

田中 健二 (宝島社) 1,404円

book170422.jpg

なんだか不良マンガのようですが
実話です。

元ヤンキーから
農業生産法人を立ち上げた
筆者の軌跡が語られます。

なんと
ヤンキーは農業に向いている!

仲間を大切にする。
根性がある。
農機の改造ができる。

・・・たしかに?


経験を生かした
型破りな農業経営は
今、注目を集めています。

ひょっとしたら
農業の人材不足の
解決の糸口となるやもしれません。


農家の方にぜひおすすめします。

今週の1冊

蜜蜂と遠雷

恩田 陸 (幻冬舎) 1,944円

book170415.jpg

今年も本屋大賞が発表されました。

なんと
直木賞とのW受賞。

ピアノコンクールを舞台に
人間の才能と運命、
そして音楽を描き切った
青春群像小説です。


誰もが才能を持ちながらも、
優勝するのはたった一人。

さまざまな事情と思いを抱えた
出場者が一度限りの演奏に
思いをぶつけます。

どの出場者も魅力的で、
感情移入して応援しながら読んでしまいます。

そして何より演奏シーン。

優勝という神の愛を求めて
魂をこめて演奏される姿に
文字ながらも音が響いてきます。


全国の書店員が認めた
心に響く傑作です。

今週の1冊

ムロ本、

ムロツヨシ (ワニブックス) 1,620円

book170408.jpg


俳優、ムロツヨシをご存知だろうか。

最近では
NHKの「LIFE」というコント番組に
レギュラー出演してました。

最初に彼を知ったのは
「アフタースクール」という
映画でした。

メインじゃないんだけど
チョコチョコと妙に印象に残りまして。

そして
最近では
ドラマや映画に出るわ、
CMにバラエティーにも出るわ。

そんな彼が人生を語ります。

俳優仲間や監督との対談に
舞台の台本まで、
一冊ぎっしりムロツヨシです。

しかし、
彼自身は大きく変わっていないのに、
現在の活躍ぶりにはびっくりです。

人気というのは
不思議なものですね。

世の求めるものとのタイミング。
それを与えられるのを
天運というのでしょうか。

今後も要注目です。

今週の1冊

したじきくんとなかまたち

二ノ宮 由紀子 (アリス館) 1,404円

したじきくんとなかまたち

入学式シーズン。

お子さんはもちろん、
親御さんも
どきどきわくわくなのでは?

そんな
気持ちにぴったりの絵本です。

入学式が終わり
明日から授業がはじまります。

文房具のみんなは
やる気十分。

でも
したじきくんは
不安でいっぱいで・・・


個性ゆたかな
文房具たちが
したじきくんをはげまします。
その姿は
新一年生とかさなります。

みんな
入学おめでとう!



今週の1冊

3月のライオン ①~

羽海野 チカ (白泉社) 504円

3月のライオン

全国で映画公開中ということで。

17歳の将棋のプロ棋士、
桐山零と、
彼をめぐる人々の物語。

孤独だった彼が、
人との関わりによって
失ったものを取り戻していきます。


二者の対決である将棋は
魂の対話でもあるのでしょう。

将棋と日常。

零と他者の関係が
二つの舞台で描かれます。

彼の背負った孤独が
痛々しく切なくてなりません。

しかし
彼の周囲には
暖かい人たちが大勢います。

彼らの暖かさが
零の心に届くことを
祈らずにはいられません。



最新記事