先月のことです。

カミさんと長女が京都へ花見に出かけました。
向こうで働く次女もいっしょです。

はい、取材の予定もあったアタシだけ置いてきぼりですわ。

四条界隈もウロウロしたらしく、そこでお土産を買ってきてくれました。

hayashi-1 (400x300)

林万昌堂 さんの 甘栗 です。

昔の漫画に出てくる、酔っ払ったお父さんが持って帰るお土産みたいな包み。
そこにお店の歴史を感じます。

hayashi-2 (400x300)

シッカリ 二重包装

お手拭の塗れナプキンを 「お手富貴」 と当てるのもエエやないですか。

同店の甘栗には通常粒厳選大甘栗 の2種類があるそうです。

hayashi-3 (299x400)

買ってきてくれたのは 厳選大甘栗

通常粒の1.5倍の大きさなんですって。
確かに一目で デカっ と思います。

皮もパカっと簡単に割れ、味ももちろん絶品です。
やっぱ違うもんなんですね。

今度は自分で買ってこよ。

ごちそうさま。

(なかつかさ)



最新記事