先日、先生の記事が新聞に載っていました。(悪いことで)

また、天声人語には

「偉大な勝利でなく日々の暮らしにあるささやかで
素晴らしい瞬間に気付くことが大事だと彼は説く。

木陰でレモネードを飲むとき。

パンの焼ける匂いがするとき。

魚釣り。

漏れ聞こえる音楽に耳を澄ますとき。

小学校入学からこの日までに暮らしを楽しいものにしてくれて
誇りを与えてくれた先生に出会ったことのある人はどれだけいるだろうか・・・・・・・」と書かれていました。


私は幸い凛とした愛情あふれた先生たちに恵まれ良かったなぁとつくづく思います。

子ども達の大事な成長期を共にする先生へ・・・

失望だけはさせないで下さいね。


stamp16.png



(ハナマルコ)







最新記事