今週の1冊

書店主フィクリーのものがたり
G・ゼヴィン(早川書房)1,836円

書店主フィクリーのものがたり

本屋大賞の翻訳小説部門の第1位。

本屋店員は、本屋小説に弱い。
・・・気がする。


島に1件だけある本屋。

妻を喪った偏屈な店主。

ある日、
店内に幼い女の子が捨てられていて・・・。


女の子との出会いが
主人公に出会いを与えます。

女の子を気にかけて、
島の人たちが本を買いに来る。

本が主人公と島の人を出会わせる。

主人公が本を島の人に出会わせる。

出会いが出会いを呼び、
人の人生を少し変えていく。


常に出会いはいたるところにあり、
人は孤独にはなれない。

そんなことに気づく物語です。



最新記事