今週の1冊
「超意訳 三国志」
原 寅彦 著 宝島社 864円

超意訳 三国志

最近、古典などを現代語訳した本が多くなりました。

読みやすくなって、作品の面白さが伝わるのはいいことです。

とうとう、三国志の登場です。

イマドキことばで読みやすくなっております。

かの有名な「三顧の礼」。
劉備が孔明のところに三度通ったという有名なエピソード。

これが今風に言うと。

「劉備のアポなし訪問」

・・・何だろう。このTVのお宅訪問なかんじは。

こんなかんじで、三国志を知らない人には読みやすく、
三国志を知っている人にはつっこみどころ満載です。

三国志の長さに挫折した方、ぜひご一読ください。



最新記事