今週の1冊
バベル九朔
万城目 学 (角川書店)1,728円

バベル

万城目学の最新作です。

作家志望の雑居ビル管理人。

黒ずくめの女が目の前に現れたのを
きっかけに、世界の一大事に巻き込まれ・・・


作家志望の雑居ビル管理人って
過去の作者自身じゃありませんか?


作家新人賞の応募や
店子の家賃滞納など、
実話かもしれないエピソードが満載です。

それでありながら
作者お得意のドタバタ群像劇が
パワフルに繰り広げられます。


人間、自分の人生を書けば
1冊だけベストセラーが書けるといいます。
さてこの作品はどうでしょう?

作者の自伝ともとれるこちらの作品。
代表作となるにふさわしい力作です。

先日、元ラサンカスタッフの方が
ヨモギを摘んで3、4個のパックに詰めて編集室に持って来て下さいました。

「天ぷらにするといいよ~」と、1ついただきましたが、
私は揚げ物をする時はいつも、フライパンに1cm程の油で揚げ焼きをするので
とてもカラッと揚げられる自信がなく…。

子ども達も食べやすい、よもぎパンを作ることにしました。

いただいた時はそれほどヨモギの香りはしませんでしたが、
茹でたら家中ヨモギのいい香り^^

ホームベーカリーに材料を入れてスイッチを押すだけのお手軽パンですが、
よもぎの味がしっかりする美味しいパンができました。

IMG_2227.jpg

ただ、炊いたご飯を入れる「ごはんパン」モードで作ったのですが、
ちょっと水分が多かったみたいで、ふくらみが悪かったです^^;

でも、どっしりと食べ応え十分で、春の気分が味わえました。


(ひっしー)

インフルエンザの流行りから一息ついて
うっかり油断していたら、
今日はチビ太(次男)が腸炎になり
「お母さん〜」と、私が帰るなり
力のない声で飛びつき、安心の泣き…。

なかなかホッとする季節が来ないですね。
季節にはそれぞれ流行りの病があり
プラスαで緊急事態やそれぞれの心配ごとも。

子育てで、私も随分強くなった気がします。


家族の協力と共に(^-^)


5歳離れたお兄ちゃんの長男も
状況に合わせて、手伝いや宿題を
できるようになりました。

お母さんは、いつも誰かに助けられて
やっていけるんだなと感じ、じ〜ん。


もう直ぐ母の日。

子育てを終えた、孫育て世代の母親に

感謝の気持ちを伝えたいと思います(*^_^*)






(みんみん)

写真は、長野県安曇野市の大王わさび農場です。


畑

水車

山

桜と飛行機


若い頃は、都会に憧れていましたが、

今では自然に囲まれているのが、

一番心地良い年頃になりました!!


stamp24.jpg


(ハナマルコ)

小2からピアノを習い始めた娘は
今年でピアノ歴5年目。

母親に似て
あまり練習好きではありませんが
なんとか続けています。

今年の発表会は先生選曲の
「エリーゼのために」♪
クラシックに詳しくない人でも
一度は耳にしたことのある名曲。
譜面自体はあまり難しくない感じですが
とってもきれいな曲ですよね。

160425.jpg

私もピアノを8年だけ
習っていましたが
弾くことなく通り過ぎてしまった
憧れの曲なんです。

まだまだ、たどたどしいですが
毎朝、娘が奏でてくれるので
雰囲気だけ優雅な気分に浸っています♪

( こんがらがっち )



最新記事