継の里広場を後にして、向かうは近くの「実りの丘」です。

いやぁ~同じ中六に住んどって、こんなステキな場所があるなんて知りませんでした。
ココから見下ろす山間の集落の景色なんて最高ですわ。

さてさて、手作り市も盛況ではありましたが、ココはさらに多くの家族連れで賑わっていました。

1-6_20120923220845.jpg

栗拾いを楽しむご家族です。

1-7_20120923220854.jpg

娘は、ねじりパン作りにチャレンジです。

シッカリとこねたパン生地を竹の棒の先に巻きつけて・・・

1-8_20120923220903.jpg

こうやって炭火で焼きます。

網の上には栗、炭の中にはさつま芋があります。
はい、焼き栗&焼き芋ですね。

1-9.jpg

パンはあっという間に焼き上がります。

素朴な味わいが最高です。
いっしょに焼いた子どもたちも大喜びです。

コレなら自宅でもやってみたいもんですね。

1-10.jpg

焼きたての焼き芋にご満悦のボクとおねえちゃん。

1-11.jpg

テントでは・・・何を作ってたんやろ?(^_^;)

高3の娘だけでなく、アタシやカミさんも童心に返って楽しむことができた素晴らしいイベントです。
また参加したいもんですね。

(なかつかさ)

昨日、地元・中六であるイベントに誘われて、カミさん&高3の娘と出かけてきました。

1-1_20120923220806.jpg

まずは、継の里広場での手作り市です。

1-2_20120923220814.jpg

手作り小物をはじめ、陶芸品、栗ご飯、味噌、漬物、手作りお菓子・・・いろんなものが出品されています。

1-3_20120923220821.jpg

朝一やったっちゅうこともあり、仲良しの奥様が作られたスイートポテトでモーニングコーヒー。

室内でアレコレ物色していると、なにやら外から良い匂いが。
コレはもしかして・・・

1-4_20120923220828.jpg

そう、アタシが楽しみにしとった合鴨の焼鳥やないですか。

1-5_20120923220836.jpg

もちろん、鴨汁といっしょにいただきました。

はい、美味しゅうございましたよ。
大満足です。

(なかつかさ)

仮眠はしたもんの深夜の超ロングドライブ、しかも東北やっちゅうのに日中の猛暑でヘロヘロ。

夜、牛タンに舌鼓を打ち、地下街をウロウロし、ホテルに戻ってシャワーを浴びて横になったら一瞬で気を失ってしまいました。
気がついたら朝でしたがな。

さあ、この日はひたすら帰るだけです。
なんせ、800キロ以上も走らなアカンのですから。

まずは朝食ですね。
ホテルの隣にモスバーガーがあるんですが、早朝から開いとるやろか?

8時に行ってみると・・・7時半から営業してましたがな。

1-1_20120916225451.jpg

野菜チーズバーガーとコーヒーのセット(390円)

モスのハンバーガーは野菜がタップリやから、学生時代から大好きやったんですわ。
福知山のお店がなくなって悲しかったもんです。

朝食後、8時30分にホテルを出発。
再び過酷な超ロングドライブの始まりです。

東北自動車道~磐越自動車道を走り、阿賀野川SAで休憩。
ココで昼食です。

1-2_20120916225501.jpg

ホルモン焼きうどん(780円)

なんで新潟県で岡山県のB級グルメやねん?ってとこですが、コレがまた美味かったんですわ。

新潟中央JCTから北陸自動車道へ。
このルート、新潟県を走行する割合が高いような気がします。

名立谷浜SAで休憩。
なんとなくそそられる看板が目に入ったやないですか!

1-3_20120916225511.jpg

黒姫高原牧場ジェラート(350円)

濃厚な味やのに、サッパリとしていて、渇いた喉をやさしく潤してくれました。
ナイスなお味です。

北陸自動車道を日本海に沿ってひたすら走ります。
途中、SAやPAで休憩や給油をしながら、決してムリはしません。

金沢あたりから雲行きが怪しくなり始めました。
時折、稲妻が光ります。

まもなく敦賀ICというところで、トンネルを抜けた途端、激しいゲリラ豪雨に襲われました。
そう、京都府南部にも大きな被害をもたらした、あの豪雨です。

ほんの5メートルほど先が見えないような状態です。
恐る恐る車を走らせます。

なんとか敦賀ICを出て、近くの王将で夕飯。
豪雨というほどではないまでも、雨は強く降り続いています。

福井県内の温泉施設で入浴し、自宅に帰り着いたのは午後10時28分。
仙台市内のホテルを出て14時間後でした。

この旅行での総走行距離は1750.2キロ。

しばらくは家族旅行のことを考えたくない気分やのに、来年は九州とかいっているカミさんと娘たちでした。

~おわり~

(なかつかさ)

仙台城跡で伊達武将隊のパフォーマンスを楽しんだ後、夕方近くに仙台市内のホテルに入りました。

ホテルに隣接するホールでは、翌日にYUKIのコンサートがあるそうです。
今年のGW、夜行バスで東京ドームのYUKIのコンサートに行った長女は、「あぁ~1日違ってたら!」と残念そうです。

アタシは新日本プロレスのG1クライマックスの仙台大会が見られなかったほうが残念でしたわ。


夕食は牛タンと決めとりました。

さて、どの店へ行くか?
協議の結果、無難に仙台駅構内の牛タン通りにある有名店に決めました。

ホテルから地下鉄で1駅の仙台駅まで行き、牛タン通りに到着すると・・・
行列ができとるがな。

ここまできてあきらめるわけにはいきませんから並びましたよ。
でも、回転がいいから、20分ほどで入店することができました。

さあ、お待ちかねの・・・

IMG_0210.jpg

牛たん定食(1575円)

分厚く切られた牛タンが歯ごたえが抜群で、もちろんお味も最高です。
麦ご飯との相性もバッチリです。

そして、テールスープの味も絶品でした。
正直、牛タンの味よりも、スープの美味しさに感動したぐらいです。

食後に地下街をウロウロ。
そこのジュースバーで飲んだ

IMG_0211.jpg

マンゴージュース(左400円)

これまた「なんじゃこりゃ!?」な美味しさでビックリ。
フレッシュなマンゴーの味がそのまんまなんですから。

有名な「こだまのどら焼き」のお店も見つけましたから

IMG_0213.jpg

ぷりんクリーム(168円)

さすがにガイドブックなどでも紹介されるお店です。
思わずニンマリとしてしまうような美味しさでした。

~つづく~ 次回はいよいよ最終回です♪

(なかつかさ)

松島を後にして、次に向かうのは仙台市内です。

まずは仙台城跡をめざします。
ナビをセットしてスタート!

仙台城跡の近くまでは簡単に行けました。
ところが、そこからが大変です。

目的地の周辺は通行止めで迂回、迂回の連続です。
まだまだ震災の爪あとがクッキリと残っています。

なんとか仙台市博物館の駐車場に入ることができましたので、博物館を興味深く見学し、続いて裏手の遊歩道で仙台城跡まで歩きました。

大汗をかきながら遊歩道を登り・・・

IMG_0184.jpg

念願の伊達政宗騎馬像との対面を果たしました。

隙を見て馬にまたがることを狙っていたアタシと次女でしたが、予想以上の大きさに断念。
おとなしく写真撮影だけにしておきました。

しばらくすると、なにやら甲冑に身を包んだ一行が。

IMG_0202.jpg

運良く伊達武将隊のパフォーマンスを見ることができました。

さすがはガイドブックなどでも紹介される「おもてなし集団」です。
暑さを忘れて楽しませていただきました。

IMG_0208_20120902235531.jpg

で、シッカリと記念撮影をするミーハーな家族です。

えっ、「グル番」やのに食べ物ネタがない?
そんなわけありませんやん。

伊達武将隊と記念撮影をするときは、「はい、チーズ」やなくて「はい、ずんだ餅」といいます。
ずんだ餅っちゅうのは、ご存じ仙台の名産で、茹でた枝豆をつぶした餡を餅にまぶしてあるお菓子ですよね。

最近ではいろんなお菓子に応用されているそうなんですが、伊達武将隊に薦められた・・・

IMG_0209.jpg

ずんだシェイク(220円)は最高でした。

枝豆の風味とアイス(シェイク)がこんなに合うとはビックリです。
仙台へお出かけの際は、ぜひともお飲みくださいませ。

~つづく~

1日が誕生日で、まだまだプレゼントを受付中 なかつかさ)



最新記事