今週の1冊

したじきくんとなかまたち

二ノ宮 由紀子 (アリス館) 1,404円

したじきくんとなかまたち

入学式シーズン。

お子さんはもちろん、
親御さんも
どきどきわくわくなのでは?

そんな
気持ちにぴったりの絵本です。

入学式が終わり
明日から授業がはじまります。

文房具のみんなは
やる気十分。

でも
したじきくんは
不安でいっぱいで・・・


個性ゆたかな
文房具たちが
したじきくんをはげまします。
その姿は
新一年生とかさなります。

みんな
入学おめでとう!



今週の1冊

3月のライオン ①~

羽海野 チカ (白泉社) 504円

3月のライオン

全国で映画公開中ということで。

17歳の将棋のプロ棋士、
桐山零と、
彼をめぐる人々の物語。

孤独だった彼が、
人との関わりによって
失ったものを取り戻していきます。


二者の対決である将棋は
魂の対話でもあるのでしょう。

将棋と日常。

零と他者の関係が
二つの舞台で描かれます。

彼の背負った孤独が
痛々しく切なくてなりません。

しかし
彼の周囲には
暖かい人たちが大勢います。

彼らの暖かさが
零の心に届くことを
祈らずにはいられません。

今週の1冊

ときめく和菓子図鑑
高橋マキ (山と渓谷社) 1,512円

ときめく和菓子図鑑


先日、テレビを見ていたら
アメリカのバースデーケーキが。

全面薄緑色のクリームに
青や赤のお菓子が飾りつけてありました。

おいしそうにみえないのだが・・・。

お菓子って国の特色が出るものですね。

そういうわけで
和菓子の本です。

表紙からかわいい和菓子でいっぱいです。

そんな和菓子のあれこれを
写真とともに解説したこちらの本。

読んでいると
今すぐ買いにいきたくなります。

季節や地域ごとに多くの種類のある和菓子。

日本人って
好きなものには凝り性なのでしょうか?

今週の1冊

ゾンビ最強完全ガイド

R・ラックハースト (エクスナレッジ) 1,728円

ゾンビ最強完全ガイド

アメリカの海外ドラマや映画。

どうしてあんなにゾンビに襲われるのか。

いまや
アメリカでもっともメジャーなモンスター。

ゾンビについての解説本です。

もともとはハイチの民俗宗教から
生まれたゾンビ。

その歴史から

映画への登場とブームのきっかけ。

そして
現代エンタメでの立ち位置まで。

まるごと
ゾンビだらけの一冊です。

ホラーファンはもちろん。

アメリカのエンタメに興味のある方へ。

アメリカの感性への理解が深まります。

今週の1冊

本を守ろうとする猫の話

夏川 草介 (小学館) 1,512円

本を守ろうとする


高校生の夏木林太郎は
祖父を突然亡くした。

祖父が営む古書店、「夏木書店」をたたみ、
叔母に引き取られることになった彼の前に、
人間の言葉を話すトラネコが現れる。

ネコは本を守るために
林太郎の力を借りたいと言って・・・

本の扱いをめぐるファンタジーですが、
書籍が現実に抱えている問題が
ありありと書かれています。

本屋にとっては
耳が痛いところもあり。

ただ
本好きといっても
その愛し方は人それぞれ。

また
愛される本も
人の数だけ違うわけで。

その
懐の広さこそ
本にしかない美点ではないでしょうか。

そんなことに
気づかせてくれる一冊です。




最新記事