ラサンカ公式Facebookページでは、
ラサンカに関する最新情報を発信しています。
ぜひ、ご覧ください。
  ▼
こちらから

\ 「いいね!」 をお願いします /
stamp17.jpg

どうなってるの~
夏なんですかっ
ていうほど毎日暑い日が
続きますが
みなさん干からびてませんか?

突然ですが、
最近の私の楽しみ~は
本を読むことー(#^.^#)

家事の合間に
寝る前に
隙さえあればー

色んなジャンルの小説を
読んで
色んな世界を
楽しんでます。

ウキウキしたりー
キュンキュンしたりー
泣いたりー
笑ったりー
感動したりしてます。

日々の忙しさや
考え事など
忘れて
無になって…

本の世界に入ることが
きっと私のストレス解消に
なっているのでしょう…

いつでもどこでも
出来るお手軽さが
私にぴったりなのです(*^^*)

最近、携帯アプリで見つけた
本棚に読んだ本を登録して
管理しておいて
気分によっては
読んだ本をまた読んだりしてます。

しかし
もうすぐ夏なので
そろそろ身体を動かす
ストレス解消を見つけなければ…(>o<")
ダイエットも兼ねてー

チームラサンカの
インディアカ倶楽部は
いつ発足するのでしょう…

キャプテンは決まってるんだけど…(>o<")




(hide)



本誌6月号の グルメ番長
北陵うまいもん市・雲原店 さんの 水車定食

発行後、最初の営業日(日曜日のみの営業)である昨日、家族と雲原まで出かけてみました。

170528kumo (3)

この水車でコットンコットンと12時間かけてお米を精米します。

昨日はダメでしたが、タイミングが合えば精米している様子を見ることができますよ。

開店時間の11時少し前に行ったら、すでに営業されていますやん。
しかも、店内で食べてはる2人組の女性は、ウチの地区の人でした。

アタシらの顔を見るなり、店内に置いてある本誌を指差し
「コレを見て来たんや」

嬉しいやないですか(*^_^*)

170528kumo (1)

昨日のメニューはこんな感じです。

囲炉裏の周りがアタシのお気に入りの席です。

ドレもコレも素朴で美味しいです。
野菜の味を再認識させられましたね。

170528kumo (2)

メニューの詳細はコレ。

本誌でもご紹介したとおり、地元のおばちゃんが3グループに分かれて調理を担当しています。
だから、2週続けて同じメニューになることはありません。

アタシの場合、ローテーションにハマってしまっているのか、 地元野菜の天ぷら に当たってしまいます(^_^;)

170528kumo (4)

天気が良かったから、東屋のテーブルでいただくのも気持ちがイイでしょうね。

店内の席も空いていましたが、あえて屋外を選ぶ方が多かったです。

170528kumo (5)

アタシらがいただいている間にも、お客様が続々とやってきます。

昨日は夜久野高原手づくり市と新町の福知山ワンダーマーケットという大きなイベントが市内でありました。
客足に影響があるのではと心配しましたが、そんなことは全然なかったです。

170528kumo (6)

あっという間に 30食が完売 したそうです。

ごちそうさま。

(なかつかさ)

6月号の「地域密着ニュース」、
そして「ふくちFUN」のインタビューご紹介させていただきました
「福知山ワンダーマーケット」が今日、開かれました!

毎月第4日曜日開催。
昨年の10月から定期開催しており、本誌でいつ取り上げようかと
思案していたのですが、23日のラサンカ発行後、
比較的いいタイミングでの開催になる6月号(5/23発行)に。

今回は夜久野の手作り市と開催がかぶり
集客も心配されましたが、
(ラサンカ効果があったのか?!…)
まぁまぁの人手でにぎわったようです。

だいぶ人もひいた午後1時過ぎに、参加者の方へのごあいさつもかねて新町商店街へ。
もう完売したお店もありました。

誌面に登場いただいた方、5、6人の方とお話ししたり、
これからご登場いただく予定の方々とお話ししたり・・・
美味しいものを食べたり・・・で午後のひと時を過ごしました。

IMG_7273.jpg

IMG_7253.jpg

こちらは大阪から来られた切り文字作家の「じょじょすけ」さん。
はさみ一つで、あっという間に素敵な文字作品が…。
地域密着ニュースにちらっと載っていましたね。
掲載誌を差し上げると、大変喜んでいただけました。

IMG_6362.jpg

こちらは「ふくち暮らし」でご紹介しました滝町さんの作品。
(撮影は数カ月前のワンダーにて)

さてさて、
素敵なワンダー
6月の開催は25日です。

(円)

今週の1冊

ふさわしい日本語

唐沢 明 (トランスワールドジャパン) 1,512円

book170526.jpg


同じ言葉でも
立場や関係で
言い回しが変わってしまう日本語。

敬語の本は数多くあれど
敬語を使うべきなのか
まずはそこがわからない。

こちらは
肩肘はらないで
言葉の使い分けができる本です。

ひとつの言葉を
3段階に分けて
使い分けることができます。

カジュアルな言い回しも
並列してあるので
言いたいことが
すぐ言い換えることができます。

ちなみに、
職場でよく聞く
「了解です」は
同僚や部下に対する言葉だそうです。

意外と使っていませんか?

皆様、気をつけましょう。





最新記事